がんばれ新人ナース

まだ1年経ってないけど、すんなり辞められる?

まずは、あなたが離職しても職場が回るかどうか。タイミングが悪ければ、当然強い引き止めに合うでしょう。
結婚や引越し、親の介護などの理由だと上司に納得してもらいやすいですが、どうしても辞めたいからと言って、嘘をつくのはやめましょう。

また、職場の人間関係が悪い、プリセプターや先輩と合わないなどの理由を伝えた場合は、改善や移動で対処するから退職をしないでくれと頼まれる可能性があります。それによって体調不良になっているなら、診断書があれば認めてもらいやすいかも知れません。

 

おすすめするのは、前向きな転職理由です。

「他にやりたいことができました!」という熱意を、時間をかけて上司に伝えましょう。
ただ、1年以内で転職するとなると、また一からやり直しになることを覚悟しましょう。頑張れそうなら、3年そこで頑張るというのもひとつの選択です。
なんとなく辞めたい、ちょっと疲れたというようなあいまいな理由での辞職は、時間が経ってから後悔するかも知れませんよ。

 

1年以内の退職は転職に不利?

様々な理由で早期退職してしまった場合は、次の就職にどんな影響があるでしょうか。
またすぐ辞めてしまうんじゃないかと思われないか、不安ですよね。
確かに、前職を半年で辞めた人と、5年勤めた人のどちらかを採用する場合は、5年の人を選ぶかも知れません。

 

ですが実際問題として、看護師は売り手市場です。いわゆる第二新卒であっても不利にはなりません。
応募があったら、大きな問題が無ければ採用したいのが病院です。
自分の実力に不安があるなら、きちんとした教育システムのある病院を選べばいいでしょう。どういった面で不安があるのかは人それぞれのため、第三者に相談することをおすすめします。
紹介会社のコンサルタントならいろいろな事例と病院の情報を持っているので、必ずあなたの力になってくれるでしょう。


このページの先頭へ戻る